ぎっくり腰の状態とは

ぎっくり腰というのは、正式名称は急性腰痛症という症状の事をいいます。

 

原因はさまざまですが、腰の筋肉の肉離れや、筋肉の損傷、断裂によって起こる

 

と言われています。

 

これらの症状は、突然表れることがあるので、日々注意しなければいけない点があります。重たい物を運ぶときには、急に持ち上がる事はやめて、ゆっくりと腰に負担がかからないように足をクッション代わりに使って持ち上げることが大切です。また、意外と多いのがくしゃみをしたとたんにぎっくりになることがあるので、無理な姿勢の時に大きなくしゃみをするのは気をつけましょう。

 
また、ぎっくりになった状態として、まったく腰が動かなくなります。腰は体の中心

 

部なので、立って動くこともまともにできません。始めは寝たきりの状態になります

 

が、一週間ほどでやっと歩けるようになります。なったすぐに、病院へいくのも大変

 

ですので、家族に支えてもらって行きましょう。

 

痛み止めやシップなどを渡されますが、すぐに治るものではありませんので、しばらく安静にしておくことが大切です。また、ぎっくりというのは再発しやすいものです。

 

一度治ったからといって、腰に負担のある事を行っているとすぐに再発します。なってしまった時は、しばらく安静にしましょう。”

コメント